住宅ローンの金利は固定と変動どっちがいい?

住宅ローンって何が負担かというと、金利ですよね。住宅ローン金利推移によって、返済額も変わってしまいますから。ってことは、金利が上がるか下がるかで、ローンを返済している人は、一喜一憂してしまうことになりますよね。ローンのない人にとっては、金利が上がった方が預貯金の上乗せがあるからありがたいんでしょうね。でも、変動金利型住宅ローンを選んだ人にとっては、金利が上がることほど怖いことはありませんよね。 いつまでも低金利が続くなら、変動金利型の方がお得だけど、金利が上昇してくると、固定金利への借り換えが多くなるんじゃないかな。

固定金利は変動金利より金利は高いものの、金利が上昇し続けた時でも固定のままなので、金利変動に振り回されなくてすむんですよね。固定金利がいいのか、変動金利がいいのか、すごく悩むところだけど、低金利の時ってやっぱ変動金利に走っちゃいます。 金利って大きいから、少しでも得したいっていう気持ちが働きますよね。

住宅ローンは金利で苦しみ続けるローンと言っても過言ではないほど、金利の重みが何十年にもわたってずっしりとのしかかってくるものだし、なるべくその金利負担を減らすように、繰上返済はマメにした方がいいんだろうなあ。とはいえ・・子供が大きくなってくると、学費も年間100万以上かかるし、子供が2人、3人となると、教育費を払うだけでも四苦八苦って感じになってしまいますよね。教育費を払って住宅ローンを払い、さらに繰上返済のために積み立てるなんてことは、一般家庭ではとてもできそうにありませんね。 ってことは、繰上返済ができないまま、ずっと住宅ローンの金利負担に苦しめられるってことなんでしょう・・。

だけどお金の管理が上手な人なら、若い頃から計画的にお金をうまく回して、ムダなくスマートにお金をコツコツ貯めているんだろうなあ。私には絶対にムリなことだけど、例え稼ぎが十分じゃなくても、無駄なく上手に暮らしている人っていますよね。そういうスマートな生き方ができていれば、家計も今のような状態にはならなかったのかなあ・・って時々反省してしまいます。

今からでも遅くないので、ムダをもう一度見直して、住宅ローンを少しでも繰上返済できるように、コツコツと貯金していこうかなあ。塵も積もれば山となるって言いますからね。例え少額の貯金でも、5年後、10年後には、かなり救いになっているんじゃないかな。将来に期待して、少額貯金を始めてみようっと。

住宅ローンの金利が安い銀行はどこか?

住宅ローンを組む時に皆さんが一番気になるのが金利ではないでしょうか。

ローン金利はだいたい大きく分けて固定金利と変動金利の2種類があります。

どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行側から薦めなどはありません。

一般的には固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いです。

また、金利のタイプによって審査が違ってくる。

と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。

どっちの金利が良いかわからなくなった時は、銀行から発表される金利の推移をチェックすると良いです。

住宅ローンを組むには、まず銀行で審査が必要です。

金利が安い住宅ローンは最大で35年、毎月支払いをしていかなくてはいけませんので、審査は大変厳しく厳重に行われます。

審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。

結果は電話か口頭で伝えられます。

審査結果によっては、残念ながらローンを組む事は出来ません。

審査に通れば、本格的な契約に移ることができます。

契約時は銀行から指示された必要書類を全部揃える他実印や諸費用なども必要になります。

諸費用はその人の借りる額によって違いますが、いくら用意すればよいか銀行側から指示されます。

一般的には、数十万〜数百万単位の金額がかかると見ておくと良いでしょう。

マイホームを建てたい!と夢を見ている方もいらっしゃるでしょう。

とはいえ、家は高額な買い物です。

ですから、現金ですぐに支払いをする。

という感じは、一般市民にはなかなかできません。

それなら、金利が安い住宅ローンはどこで借金をすれば良いのか?多種多様なやり方がありますが、おすすめなのは銀行や信用金庫が良いでしょう。

参考:住宅ローン金利が安い銀行は?低金利ランキング【どこが安い?】

どこから借り入れしようか、自分で悩んでも良いのですが銀行と不動産屋が連携している可能性もあるので、不動産屋の選択に任せても良いでしょう。

マイホームの購入は誰でも憧れるものだと思います。

ですが、マイホームを購入する際には必ず住宅ローン審査をしなければいけません。

現金一括で支払いが出来れば何も問題はありませんがそういう方は数少ないですよね。

ですので、金融機関の住宅ローンを申し込む方が一般的です。

金利が安い住宅ローンに関わる審査は、色々あるローンの審査の中でも特別に厳しいと言われています。

長い月日かけて支払いしないといけないので、審査に通らない方も出てきます。

審査が通らない理由としてあげられるのがやはり収入面です。

住宅ローン審査を問題なく通過するには、最低ラインで300万円以上の年収がなければいけない。

と言われています。

ただ年収をクリアしても、会社の規模や勤続年数なども大事なチャックのポイントになります。

将来、新しい家を購入して両親と同居を考えている方に今回は是非、知って頂きたい住宅ローンを紹介します。

一般的には、借入れをする場合の年齢制限があり高齢になると申請できないといった問題があります。

けれども、後を任せられる後継者がいれば親子リレー返済も可能で高齢の方でも申請可能になり、希望も見えてくるでしょう。

この仕組みは、二人で同時に返済していくのではなく返す時期をずらしていく為に可能なのです。

これらの理由により普通のローンよりも借入れ期間が長いのです。

自分独りで抱え込まずに、こういう方法も考えてみて下さい。

住宅ローンを組もうと思ったらまず、どの金融機関に融資を申し込もうかという事を決めないといけません。

例えば、銀行・ネットバンク・信用金庫・労金など住宅ローンを承れる金融機関は数多くあります。

借入する所によって金利が安い住宅ローンの審査の違いは大きな違いは特にありませんが、店舗がないネットバンクですと、取引はネットを通して行います。

実店舗に行かなくて良いのでとても好評です。

また店舗がない為、経費節約ができ、金利も低いのが特徴です。

ネットバンクは月々の支払いを少額にしたい方や忙しい方にピッタリの住宅ローンです。

自分の家を購入するときの資金として、頼りになるのが金利が安い住宅ローンです。

申し込む場合は近場にある銀行や信用金庫などからでも可能ですし忙しい方はネットバンクなども利用してみると良いと思います。

または、不動産屋から紹介される金融機関にする方法もありますので、都合に合わせて選べます。

申し込み後の審査に合格し、支払する時が来た場合約10年間にわたって控除を受けることが出来ます。

その場合年末調整では受付不可なので確定申告を自分でする形になります。

マイホームの購入を検討するとき、最初に思う事は資金をどうするか?という事ではないでしょうか。

たいていの方は、銀行や信用金庫などから住宅ローンの申し込みをすると思います。

ローンを申し込むときは、一番稼ぎがある方の名前で申請しなければいけません。

支払期間は非常に長いので銀行側も自分たちを守るための保険として団体信用生命保険にも加入するように言われます。

この保険は、申請者に何かあった場合残った借金が0円になる。

という内容になります。

どんな家でもローンを組んで建てる方が多いのですが、中でもつなぎ融資という借入れ方法をご存知ですか。

分りやすく言うと、住宅のための借入れが始まるまで不足分を一時的に補う目的で借りるローンの事です。

一般的には、家のローンは完成してから始めて融資されるのでそれまでの工事費などは、こうした所から借りるのです。

ただし、この融資は利息が非常に高く日割りで計算されるため取り急ぎ、本命ローンを申請する必要があります。

安心して申し込める銀行を探しながら、契約内容を確認し納得のいくプランを選べるように準備していきましょう。

住宅ローンを検討している方や既に申請されている方も、この情報を知っているかどうかで10年後に得する今すぐ実行して頂きたい知る人ぞ知る節税の方法を教えます。

申請するのとしないのでは年間約30万円も違うので、気付いた今からでも申請可能か問い合わせてみましょう。

申請可能となる方の条件として新築を建てた方、ないし、新築の住宅をお買い上げされた方が申請可能になります。

増改築をされた方は5年以上のローン期間が必要です。

今挙げたもの以外でも様々な決まりがあるので、しっかり確認して少しでも税金を減らして貯蓄にまわせたら良いですね。

ローン金利